忍者ブログ
ゆったりのんびり、そして楽しく
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

●女王国の城●  10月1日発行予定
有栖川有栖著
創元クライム・クラブ 判型・四六判上製

●オフィシャルサイトから●大学に顔を見せなくなった部長のことが気にかかり、推理小説研究会の後輩アリスは江神二郎の下宿に不法侵入。室内には神倉へ行ったと思しき痕跡が散見され、こうなると「遠出するかもしれん」と聞いていたことが不安をあおります。なんたって神倉、潤沢な資金に恵まれ急成長を遂げている新興宗教の総本山。
 様子を見に行こうと考えたアリスにマリアが同調、さらには就職活動中の望月、織田も「一緒に行こう」、かくて4人はレンタカーを仕立て皐月の木曾路をひた走ることと相成ります。
 さて、〈城〉と呼ばれる総本部に到着。江神の所在は確認できたものの何故か会わせてもらえない、押し入るにはガードが固い、ほぼ信者ばかりの特殊な〈街〉で住民の協力は期待できない、と不穏なムードが漂い、しまいに殺人事件が突発、巻き込まれた英都大学推理研一行は進退窮まって……

●『月光ゲーム』、『孤島パズル』、そして1992年の『双頭の悪魔』に続く待望の学生アリスシリーズ最新刊。15年ぶりの江神さんか……。待ったなあ……。



●白い兎が逃げる●有栖川有栖著●

●火村シリーズの短編集。文庫で出るのは追えてないなあ……。


ひとりごとメモ。
あくまでメモ。
とても落ち込んで、いろいろなことを考えてしまうので、これはいつか使えるといいな、と思いつつ。


 ***** ***** ***** ***** ***** *****


生きていることに、生きていくことに何の意味があるだろう。その応えは勿論ノーだ。何の意味も無い。
極力人との関わりをなくしてきたから、今ここで自分という存在が消えても何の影響も無いだろう。そうなるようにしてきたのだから、望むようになってきている、悪い状況ではない。
生きていること、生きていくことに意味があるのは、だから、自分自身にしか無いということだ。自分が自分を捨てたらそれで最後。だから極力、自分だけは自分を認めようとしてポジティブに生きている。生きていく意味を自分に与えるために生きている。供給できなくなったらアウトだ。だから自分の為に必死に、必死に書いているけれど、予定の期限に間に合わないとなれば心も暗くなる。それだけに集中し、他を切り捨ててきたので、落ち込んだそのときに周りを見回してもそこには何も無い。しかし、それで、いい。だからまた書ける。それしか無いと思う気持ちも自分には必要なのだ。

何かを書いていることだけが幸せで、そうしていない間は意味を感じられない。未来を感じられない。その辛さに目の前が眩むようだと思う。

しかしこんな状態、いつかは行き詰るだろう。
そのとき、自分を支えるものは何だろう。

以前は「自分が納得がいくものが書きたい」というのが目標だったけれど、書けたらそれで満足なのだろうか。
それは違うのだ、と今は思う。


 ***** ***** ***** ***** ***** *****


落ち込んでることは確かだけど、暗くなってるわけじゃないよ!
9月の新刊、無理っぽいから、他に今から間に合いそうな短いの考えるべきなのかなあ。
判断するなら早くしないと。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
<< どうしよう 87 |  86 |  85 |  84 |  83 |  82 |  81 |  80 |  79 |  78 |  77 |  忘れてた >>
HOME
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[06/19 けいこ]
[06/07 えむねむ]
[02/15 えむねむ]
[02/13 えむねむ]
[11/01 えむねむ]
プロフィール
HN:
雲依とおこ
HP:
性別:
非公開
職業:
会社員
趣味:
本と猫
自己紹介:
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
◆ Powered by Ninja Blog ◆ Template by カニコ
忍者ブログ [PR]