忍者ブログ
ゆったりのんびり、そして楽しく
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

文章練習のためのSSですが、SSなのに書き切れず途中の状態です。
全文書けたらサイトの方に移す予定。
では、続きからどうぞ…


『血の檻』


 およそ車両のとおることのないその細いあぜ道は木造と鉄筋コンクリートと時代の異なる二つの建物からなる小学校から始まり畑の中から田んぼや草むらの中をこれまた細い用水路と共にぐねぐね曲がりながら続いている。学校から出た仙花と緑陽、そして希の三人は草を刈ることもなくただ踏み固められた土でできたその細い道を競争するように急いて走っていた。見渡す限り殆ど緑のそののどかな景色の中に他の人影などひとつとして見えない。必死に走る三人はそのうち小道を抜けて少し大きな道に出たけれど、それでも止まらずに今度はその道沿いに坂を駆け上った。短いその坂を上るとそこは広い川を渡る橋の袂だ。橋の欄干はとても低く作られているので川の様子は見る間でもなく目の中に飛び込んでくるのだけれど、とてもゆったり穏やかな流れを保っている普段の様子と違い今日のこの川は酷く増水していた。たくさんの雨が降れば茶色く濁り渦巻くように激しい水流となっているのに、増水はしていてもその色は普段どおりの深緑に落ち着いたままなのがどうにも不思議なことのように仙花の目に映った。もっとよく川面を見ようと走っていた足を止め欄干の傍まで寄ると、同じく走っていた義弟の緑陽がその勢いのまま欄干から橋の下へ飛び込んでいった。
「緑陽!」
 静かな深緑の川の中には大勢の人間が居た。泳いでいるのではない。そこにいる皆は生きていなかった。水中からは出ずにまるでそこに閉じこめられているかのように水面近くに横たわって、皆が皆それぞれに白い服を纏いこちらを見上げるようにしていた。表情までがはっきりと見える。女性と子どもばかりの死人たちは、それは楽しそうにふよふよと水の中を漂っているのだった。
「緑陽、出てきなさい!」
 きりきりと眉間に突き刺さるような危機感に激しく義弟を呼ぶと、死体の間を泳いでいた緑陽はすぐに周囲の様子に気づき、慌ててそこから抜け出して仙花の許へ戻ってきた。顔が少し青ざめている。彼の無鉄砲さはいつものことだと荒れる気持ちを必死に宥め、希の手を繋いだ仙花はまた急くように橋を走り出した。
 追われているのだ。
 繋いだ小さな手の持ち主、何も知らずに無邪気に笑いながら一緒に走ってくれる希を守る。
 その強い想いだけで仙花は走るのだった。
「仙花! うしろ!」
 走りながら頭の中で違う世界を彷徨っていた仙花は、橋を渡り終えるころに切迫した緑陽の声に現実に引き戻された。後ろを振り返ると、すぐ背後にいつの間にか死者がついてきていた。血の契約をして蘇ったものだ。
「……っ」
 思わず舌打ちしながら希の手を離した仙花は蘇りを始末するのは自分の役目だと背に負っていた木刀を取り出して先端を蘇りの喉にピタリと当てた。逃げようと咄嗟に身体をずらそうとする蘇りの動きは仙花の動きより鈍い。その動きに合わせ、更にその先を読むことだって可能だ。
「やっぱり待って!」
 息を止めて一気に喉を突こうとした仙花の動きを止めたのは、先に仙花にその存在を警告した緑陽だった。その声を無視することが出来ずに動きを止めてしまった仙花は、過ぎていく大切な時間を思って苛立ちながらも決して木刀の狙いを外すことは無かった。
「どうして止めるの?」
「時間が無い。寧ろ今はそいつを認めて盾にした方がいいと思うんだ」

タイムアップ

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
<< 浪漫 17 |  16 |  15 |  14 |  13 |  11 |  10 |  9 |  8 |  7 |  6 |  繰り返す間違い >>
HOME
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[06/19 けいこ]
[06/07 えむねむ]
[02/15 えむねむ]
[02/13 えむねむ]
[11/01 えむねむ]
プロフィール
HN:
雲依とおこ
HP:
性別:
非公開
職業:
会社員
趣味:
本と猫
自己紹介:
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
◆ Powered by Ninja Blog ◆ Template by カニコ
忍者ブログ [PR]