忍者ブログ
ゆったりのんびり、そして楽しく
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ふとしたきっかけで田中氏による「高村薫論」を読みました。

田中氏はおよそ10年前、私がまだミステリマニアだった頃に購入したミステリ同人誌「別冊シャレード」シリーズの中で、唯一目をとおしていた、そして唯一名前を覚えていた方。タイトルに冠したプロの作家さんに対する話を様々な人が書きつづってできたあの冊子の中で、一番興味をひく文章を書くひとだったので、名前を覚えていて、そしてまた出会えたことに気付けたのです。

その田中氏がサイトを運営し、そこに評論を掲載されているところにたどりついたのは、正しく偶然でした。辿りついたページが「高村薫論」だったので、まずはそこから読み始めました。じっくり時間を掛けて考えながら読まないと大切なところをうっかりとおりすぎてしまうような力の入った評論は圧巻で、実に興味深い考察でした。納得して、共感してしまいました。

だから評論は読まないようにしているのに、と共感したあとで少し後悔に似た思いをしました。
問題に対する知識ときちんと公平な「目」を自分が持っていないで評論を目にすると、そちらがすべて正しいことのように捉えてしまいそうになるから。
事実と推察を混同してはいけない。
批判している方が優れているわけではない。

しかし田中氏の評論はそうした危惧を抱かせないものなのです。考え方がとても真摯で、対象に愛情が篭っていると伝わってきます。だから好きなのかもしれません。
他にも気になる作家さんについての評論が多数掲載されていたので、また時間を作ってじっくり拝見させていただこうと思います。

さてそして高村薫先生です。

「黄金を抱いて翔べ」「神の火」「わが手に拳銃を」「リヴィエラを撃て」「マークスの山」「地を這う虫」「照柿」「レディ・ジョーカー 上 ・ 下」「李歐」

ここまでの作品は、それぞれ違った魅力を持ち、どれも甲乙つけがたく面白い作品でした。ページを繰る時間すらもどかしい、と思うほど心を奪われ読み耽りました。高村薫が大好きだと、そう思っていました。

しかし問題の、神戸での震災を経ての高村薫の変質がやってきます。

「晴子情歌(上)(下)」
「新リア王(上)(下)」

変質後のこれらの作品は、どれも数十ページで断念しました。こんなに好きな作家さんの作品なのに何故読めないのか。理由は自分の中にあるのだと、読書中は他の何も考えられなくなるような作品を意図的に避けようとしていた時期の発行だったからなのかとずっと思ってきましたけれど、本当にそれだけなのだろうか。大好きだった今までと違う、高村薫の変質を認めたくなかったからなのか。

いずれにしても、そのうち時間を作って再挑戦したいと思います。
期限は、今高村薫が連載している「太陽を曳く馬」が単行本化するまで。

「晴子情歌」は、晴子さんの人生を傍観するしかできない息子、彰之の話。「新リア王」は彰之の人生の物語。
現在連載中の「馬」では、都心の一等地のお寺の住職になった彰之の息子秋道の殺人による死刑と、オウムの事件と、お寺の関係者の事故死と、お寺の土地のことと、いろいろ複雑に絡み合ったお話。
それを合田が調査しているのというのです。合田はあの三部作で終わったのではなかったのか、と先日知ったばかり。義兄も電話でご出演とのことで、あの、「レディ」の後でこの二人がどういう関係に落ち着いたのか、とても興味深いところです。


田中氏のサイト
ttp://homepage2.nifty.com/aleksey/LIBRA/index.htm

高村薫論
ttp://homepage2.nifty.com/aleksey/LIBRA/takamura.html

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
<< 長い息抜き 109 |  108 |  107 |  106 |  105 |  104 |  103 |  102 |  101 |  100 |  99 |  岡山へ >>
HOME
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[06/19 けいこ]
[06/07 えむねむ]
[02/15 えむねむ]
[02/13 えむねむ]
[11/01 えむねむ]
プロフィール
HN:
雲依とおこ
HP:
性別:
非公開
職業:
会社員
趣味:
本と猫
自己紹介:
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
◆ Powered by Ninja Blog ◆ Template by カニコ
忍者ブログ [PR]